着手金なしの成功報酬制による債権回収

弁護士法人 田中法律事務所

 

 弊所は、着手金なしの成功報酬制にて、期日までに支払われなかった売掛金(売掛債権)の回収をお引き受けします。卸売業、製造業、サービス業、建設業など業種を問いません。

 債権回収の要諦は、相手方である債務者の資力を見極めることにあります。債務者に資力があるうちに回収しなければなりません。債権回収を弁護士に依頼し、また裁判に勝っても、債務者が無資力であれば、支払を期待することはできませんし、強制執行も成功しません。したがって、債権回収を成功させるためには、何よりも迅速な対応が必要になります。支払期日から時間が経てば経つほど、回収は難しくなります。

 裁判手続きによる場合には、債権者は、弁護士に報酬を支払い、裁判費用も負担します。それにもかかわらず、債権を回収できないのであれば、債権者にとって、まさに「泣き面に蜂」です。このような不合理を解決するために、弊所では、裁判手続き前の債権回収に注力するとともに、着手金なしの成功報酬制にて債権回収をお引き受けすることにしました。

 債権を回収できた場合にのみ、回収金の中から所定の報酬をお支払いいただきます。着手金なしの成功報酬制を実現できるのは、債権回収のシステム化を進め、事務経費を節減しているからです。そのため、着手金はいただきませんが、債権者の皆様にも、ご依頼にあたって定額の事務手数料をご負担いただいております。

 なお、裁判手続きに移行するときは、債権者の同意を得ます。その場合でも報酬は着手金なしの成功報酬制を原則としますが、裁判費用は事前にお支払いいただきます。

 次の何れの案件もお引き受けすることができます。
(1)国内案件(債務者が日本国内に所在する場合)
 国内の債権回収には王道はありません。回収業務の標準的な手順については、こちらをご覧ください。裁判手続き前の交渉による回収では、柔軟な対応が良い結果を生むことがあります。まず債務者が期日に支払わなかった理由を確認し、適切であると判断される場合には、減額や分割払いなどを提案します。それによって、債権額の100%ではありませんが、かなりの部分を早期に回収できる場合もあります。
(2)海外案件(債務者が日本国外に所在する場合)
 海外案件は、債務者が所在する国の弁護士の協力を得ながら、債権回収を進めます。裁判手続き前の交渉が中心となります。また、海外には債権回収を専門とする会社が多数存在します。債権回収会社を利用することが最適な場合には、弊所は、債権者の代理人として、債権回収会社に対し債権回収を依頼します。海外における債権回収の方法については、こちらをご参照ください。

 まずは、メールによる無料相談をご利用ください。債権回収をお引き受けすることの可否や条件などについてご説明いたします。なお、電話によるご相談は受け付けておりません。

(1)債権回収のご依頼者様の身元確認について
(2)債権の消滅時効について
(3)「お問い合わせフォーム」の項目について

▸ 問い合わせをする

本サイトにおける債権回収に関する記述は、一般的な情報の提供を目的とするものです。弁護士法人田中法律事務所及び同事務所に所属する弁護士は、誤りがないように注意していますが、記述の正確性や網羅性を保証するものではありません。

MENU